3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

予測不可能な行い

 『レ・ミゼラブル』の主人公が、まわりの人たちが驚くようなことをする場面を読みました。
 その前に起きたことから追いかけている読者にとっては意外でなくても、その場で突然それを見る人にとっては予測不可能なできごとです。この場面の劇的さは、とてもうまく舞台設定がされています。

被告人の弁明

 『レ・ミゼラブル』の裁判の場面から、被告人が弁明をするところを読みました。
 そのように描いていて、しかも、あることがらについてはこの人物の言うことが正しいとわかっているからでしょうが、貧しく教養のない人物が人から理解されない中で懸命に話している、というように見えました。
 それを見ている主人公は黙っていられないだろうと思います。

裁判

 『レ・ミゼラブル』に裁判の場面が出てきました。
 これまでも、例えば、『カラマーゾフの兄弟』で裁判の場面を読んだりしてきました。ほかのことについて描くときでも同じなのでしょうが、法廷でのやり取りをいい加減に描くわけにはいかないでしょうから、筆者の力量がよく現れそうな気がします。

障害

 『レ・ミゼラブル』の主人公は、自ら準備していたことに後押しされて正しいと思う行動に踏み出します。
 途中で障害にぶつかりながら、最善を尽くします。
 途中でもう先に進めなさそうになるところで、したくないという本心のために喜びの思いが出てくるところに、人間の感情がうまく表現されていると感じます。

目的と手段

 『レ・ミゼラブル』の主人公の心の葛藤が描かれている場面を読み進めました。
 その中で、人のためになる目的のために良くない手段を用いて良いのか、ということも問いかけられているように思います。正直な人として生きるという主人公の決心が揺るがされています。

葛藤

 『レ・ミゼラブル』の主人公の心の葛藤についての記述を読みました。
 とても親切になっていたので、全く心が一新されたかのようでしたが、自己中心な思いがまだあることがわかります。そして、それは当然であると思います。
 自分の身代わりとしてほかの人を見殺しにして自らの身の安全を図るか、自らを危険にさらすか、という中間の道のない選択が迫られるこの場面は、よく考えて用意された設定であると考えます。

似た経歴の人物

 『レ・ミゼラブル』の主人公らしき人物以外に、主人公と似た経歴の人物がいるという情報が浮上してきました。
 主人公と別の名前で出てきた主人公らしき人物が本物だとは思うのですが、新たに話題になった人物はなぜだかかなり似ているように思います。新しく出てきた人物の置かれた状況のゆえに、主人公らしき人物にとっては由々しき事態で、葛藤があるのではないかと考えます。