世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

神々の間の戦い

 『イリアス』を読み進めたところ、前回の記事で取り上げた河の神が火の神と戦ったり、ほかの神々も戦ったり、というように話が展開しています。
 その様子は神というよりもいかにも人間のようです。人間的な神々の場外乱闘が人間の世界に影響を与える、というような印象を受けます。

河の神

 『イリアス』に河の神が登場しました。ある人物が戦闘の中で多くの人を討ち取って、その死体が沈んでくるのが気に入らないようです。
 その河が流れている地元の側の軍勢に味方をするかというと、必ずしもそうではないように思われます。そのように地元に味方をして加勢するならば、外からの侵略は相当に難しくなるように思いますが、そういうことはなさそうです。

自らに関する認識

 『イリアス』でこれまで戦場において大活躍をしていた人物が、ある敵と相対して話す中で、自らの力が相手よりもはるかに劣るということを言う場面を読み、意外な感じを受けました。
 その後で、勝敗は神々が決めることだというようなことも言っていますので、その前段階としての言葉なのだろうと思いますが、自らの力や位置をわきまえる強さがあることを表しているのかもしれません。

ブラフの応酬

 『イリアス』で描かれている戦争の両軍の中でもかなり強そうな人物同士が一騎打ちをする場面を読みました。
 実際に戦う前に、ブラフの応酬をする記述があり、それぞれ弁も立つという設定であるようです。そして、発される言葉の中で、2人の間にはその前にも衝突があったことが示されます。
 戦闘の場面もそうなのでしょうが、こういう言葉のやり取りも見せ場になっているように思います。

人間の言葉を話す馬

 『イリアス』に馬が人間の言葉で話す場面が出てきました。
 何もないときに話し始めたのではなく、人間から話しかけられてから話し始めたのですが、いずれにしても不思議な場面です。その内容がある登場人物のその後についての話であったことで、さらに重みが増すように思います。
 神々が人間に直接働きかけることが何度も見られる中で、あえて馬に話させていることにはどのような意味があるのでしょうか。

財宝の引き渡し

 『イリアス』に、ある人物からある人物へと多くの財産が引き渡される場面がありました。
 意外なのは、それが遠征中の軍において行われていることです。わざわざそういう財宝を船に載せて運んできているようです。
 功績があった人にすぐに報いることができるように、といった理由で、当時としては普通の行いなのでしょうか。

和解

 『イリアス』を読み進めてクライマックスが近づいてきたのか、重要な登場人物同士が和解しました。
 仲間内でいさかいがあると弱く、一致があれば強い、というのは当然でしょうが、この作品のような古典的な作品でも描かれ、そしてその後の創作物でも何度も描かれている、永く続くテーマなのだと思います。