読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

狂気

 夜中の海の上で雷雨に見舞われるのはとても不気味だと思います。『白鯨』の主人公が乗った捕鯨船はそのような状況にあります。
 その中で船長が狂気じみた言動を示すことで不気味さがさらに増幅されます。出発した地に戻れないわけではありませんが、それ以上に心を捕らえられていることがあることから後戻りはしないようです。
 乗組員たちにとっては厳しい状態だと思います。

台風

 『白鯨』を読み進めると、日本近海らしく台風(いま読んでいる訳では「颱風」となっています)が発生して、主人公の乗った捕鯨船を襲います。
 暗闇の中で台風に遭って、それだけでもたいへんなはずですが、様子が描かれている人物たちの思いがバラバラであるようで、それがさらに不安な印象を与えているように感じます。

日本近海の日差し

 『白鯨』の主人公が乗った捕鯨船は日本近海に来ています。
 日本のそばを航行しているときの日光の様子が描かれていましたが、かなり強い日差しという印象です。
 季節によると思いながらも意外だと受け止めましたが、主人公たちが出帆した地がマサチューセッツ州であったことを考えると、その日差しと比べて日本の、特にある程度南の方の日差しは強そうです。

再起

 『白鯨』の登場人物には、過去について詳しく記されている人は少ないのですが、主人公が乗った捕鯨船のある年老いた乗組員について紹介されています。
 腕のいい職人だったようですが、身を持ち崩してしまったとのことです。
 そして、捕鯨船の乗組員として海に出ることが再起の機会になったことが記されています。実際にそのように助け出された人たちは存在したのだと思います。

棺の注文

 『白鯨』の今日読んだ箇所で、ある登場人物が病気で死を覚悟するような状態になり、自分のための棺を作るように頼んでいました。
 この人物については、もっと前の方で、どのような死に方をするかが書かれていましたが、それとは様子が違いました。望みがないような記述でしたが、やや意外な方向に話が進んでいきました。
 このことを伏線にして、何かが起こるのでしょうか。

進言

 『白鯨』の主人公が乗っている捕鯨船のある高い地位の人物が船長に進言をする場面を読みました。
 船長とは異なる意見を妥協せずに伝えていますが、ほかのところでも船長の考えに異議を唱えていました。
 イエスマンだけに囲まれると判断を誤りやすくなるでしょうが、この船長はそうでないところが恵まれていると思います。

絶滅の恐れ

 『白鯨』の今日読んだ箇所で、語り手である主人公は、人間の捕鯨のために鯨が絶滅する恐れについて触れています。鯨は絶滅しないというのがその結論です。
 これはまだ手で漕ぐボートに乗って手で投げる銛や槍を使って鯨を捕っていた時代の話ですので、その後にボートの動力も武器も機械化されることで状況は大きく変わっただろうと思います。それでも、絶滅の恐れが考える題材になるほどに捕鯨は盛んだったということであると思います。