3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

洪水

 『怒りの葡萄』の最近読んでいる箇所には主人公が登場しません。
 主人公の家族が記述の中心なっています。降り続く雨のために川が氾濫するように、自然が猛威を振るう中で、人間にできることには限りがあります。
 そのような中でも、ただ自然に任せきってしまうのではなく、隣人と一緒にできることをしようというお考えのようです。

降り続く雨

 『怒りの葡萄』を読み進め、かなり終わりは近づいてきました。
 雨が降り続く日々の様子が描かれています。もともと生活基盤が脆弱である人たちにとって、そのような自然の猛威は命にも影響します。恐ろしい状況が描かれています。

綿の収穫

 『怒りの葡萄』の今日読んだ箇所に、綿の収穫についての技術がありました。
 収穫した重さで賃金が決まることになっています。仕事をしたい人たちがたくさん集まってきて、それほど時間をかけずに終わりました。賃金を払う側としては収穫の量で総額が決まるので、どれ位の支払いをするかが読めます。労働者側は、人が増えれば取り分が減ることになります。
 そして、綿の収穫の時期は限られていることから、収穫の仕事が終わったら、また次を考えなければなりません。

新たな別れ

 『怒りの葡萄』の今日読んだ箇所に、また新たな別れの場面がありました。
 時代に押し流されることがなければもっと長く一緒に入られたはずの人たちの別れは残念です。通信手段が現在とは比べものにならないほどに未発達である時代に、互いに移動を繰り返すだろう中で別れるとなると、再会はたやすいことではないでしょう。別れるときの思いにも強いものがあるだろうと考えます。

ふたりはひとりにまさる

 『怒りの葡萄』の主人公が聖書の言葉を引用する場面を読みました。
 主人公は熱心な信仰者ではなさそうですが、「ふたりはひとりにまさる」から始まる伝道の書の言葉を暗唱しています。
 働く者たちの団結によって状況を変えられる、というのが主人公の考えではないかと思います。

団結

 「怒りの葡萄」を読み進めたところ、ある人物が団結することの大切さについて述べている箇所がありました。
 団結すれば意見が通る可能性があるということを知った人物が団結を主導し、それがうまくいくと立場が危うくなる人たちがそれを抑えようとしています。

仕事探し

 『怒りの葡萄』の主人公とその家族は、しばらく享受していた快適な環境での生活を後にして旅立ちます。その生活をしながらでは仕事が見つからず、快適ではあってもそのままでは生活していけないからというのがその理由です。
 そして、実際に旅に出てから仕事につながりそうな話を聞きます。しかしながら、たくさん人を集めて労働力を買いたたこうという思いが裏側にありそうな様子です。その話で聞かされた方向に行って誘導されたところは、感じが良いとは言えない場所です。おかしなことにならなければ良いと思います。