世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

自らに関する認識

『イリアス』でこれまで戦場において大活躍をしていた人物が、ある敵と相対して話す中で、自らの力が相手よりもはるかに劣るということを言う場面を読み、意外な感じを受けました。 その後で、勝敗は神々が決めることだというようなことも言っていますので、…

ブラフの応酬

『イリアス』で描かれている戦争の両軍の中でもかなり強そうな人物同士が一騎打ちをする場面を読みました。 実際に戦う前に、ブラフの応酬をする記述があり、それぞれ弁も立つという設定であるようです。そして、発される言葉の中で、2人の間にはその前にも…

人間の言葉を話す馬

『イリアス』に馬が人間の言葉で話す場面が出てきました。 何もないときに話し始めたのではなく、人間から話しかけられてから話し始めたのですが、いずれにしても不思議な場面です。その内容がある登場人物のその後についての話であったことで、さらに重みが…

財宝の引き渡し

『イリアス』に、ある人物からある人物へと多くの財産が引き渡される場面がありました。 意外なのは、それが遠征中の軍において行われていることです。わざわざそういう財宝を船に載せて運んできているようです。 功績があった人にすぐに報いることができる…

和解

『イリアス』を読み進めてクライマックスが近づいてきたのか、重要な登場人物同士が和解しました。 仲間内でいさかいがあると弱く、一致があれば強い、というのは当然でしょうが、この作品のような古典的な作品でも描かれ、そしてその後の創作物でも何度も描…

盾に描かれた人々の生活

『イリアス』の今日読んだ箇所では、ある登場人物のために武具が新たに作られます。 その中で盾には、農作物の刈り入れの様子など、普通の人々の生活の場面が描かれ、それが詳しく記されています。 当時の人々の生活を垣間見せてくれて興味深い記述です。

存在感

『イリアス』の登場人物の中で相当に強いように描かれているある人物は仲間内の問題で戦闘に参加していませんでした。 しかし、あることをきっかけとして、参戦しようとしています。まずは陣営に現れて、味方だけではなく敵にも姿を見せました。すると、敵側…

悪い知らせを伝える者

『イリアス』の中心的な人物に従う人物が戦いの中で命を落としましたが、そのことをまだ主人は知らずにいます。 その悪い知らせを伝えるために、ある人物が指名されて遣わされます。悪い知らせを伝えるには相手との信頼関係も話し方も重要で、だれにでもでき…

神の子たち

『イリアス』を読んでいると、ところどころに神の子とされている人物が出てきます。 神と人間との混血ということだと思います。実際にそういう存在がいるとは考えられませんが、同時代の読者はどのようにとらえていたのでしょうか。

遺体を巡る攻防

『イリアス』には、戦っている両軍の主要な人物が討ち死にして、その遺体をどちらが確保するかを巡って争いが起きる場面が何度もあります。今読んでいるあたりでは特にそのことがよく触れられているように思います。 味方からすれば、自分たちの主要な人の遺…

戦況の変化

ある一団の人たちが参戦してから、『イリアス』で描かれている戦争の状況が変わってきているように思います。 そして、その中で戦士たちの中でも中心的な人が討ち取られることが増えてきているようにも感じます。全体の3分の2ぐらいまで読み進めていますが…

陣営内部の動き

『イリアス』では、2つの陣営の争いと、そのうち一方の内部での争いとが、話の構図として重要だと思います。 一方の内部での争いに新しい動きが出てきました。2つの陣営の争いにも影響がありそうです。 その中で大事な役割を果たしている人物について、そ…

将来の予測

『イリアス』の今日読んだ箇所には、戦場で大活躍をしていて出番が多いある人物について、その先でどのようなことが起こるかを読者にあらかじめ知らせるような記述がありました。 こういった記述はほかの作品にも見られますが、非常に古いこの作品にもそのよ…

岩瀬仁紀投手の最多登板記録更新

今回は本とは別の話題にします。 今日、中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手がプロ野球の最多登板記録をそれまでの949から950に更新しました。 前の記録保持者とは時代が全く異なりますので、単純な比較はできないと思います。それでも、現役の人たちで同じ…

兄弟同士の神の対立

ゼウス、ポセイドン、といった名前を知ってはいましたが、その関係については知りませんでした。 『イリアス』によると兄弟同士の神であるようです。そして、その兄弟の間の対立が描かれています。 世界は不安定だと思いますが、その不安定さを神と神との間…

神のはかりごとに引っかかる神

『イリアス』の今日読んだ箇所では、前回の記事で紹介したはかりごとが仕掛ける側の思惑どおりに進みます。引っかかった側の神は眠ってしまい、その間にほかの神の働きによって人間の世界の様子が変わります。 なんとも威厳のない神だと思います。人間の営み…

神に対してはかりごとを巡らす神

『イリアス』を読み進めている中で、記述がしばらく人間の戦いを離れて神々の様子が描かれています。 そこでは、ある神が、ほかのもっと力のある神にはかりごとを巡らしています。ギリシャで考えられていた神としては普通の行動なのでしょうか。

波状攻撃

『イリアス』の今日読んだ箇所に、軍隊が攻撃をする様子を海の波にたとえて表現していた記述がありました。次から次へと押し寄せている、といったところでしょうか。 波状攻撃という言葉がありますので、これも時代と地域を越えて共通した表現だと思いました…

チームワーク

『イリアス』の今日読んでいた戦闘シーンでは、これまでと比べて戦士たちが単独で戦うよりも味方同士が寄り集まって戦う場面が多いように思いました。 個人の力量によって勝つことももちろん良いのですが、チームワークによって勝つことにはまた別の価値があ…

神々の子孫

最近読んでいるあたりに限りませんが、『イリアス』には、少し前の代にさかのぼると神に行き着く人たちが登場します。 普通の人間としては、そういう存在と戦場で相対するのはとても不都合なことだと思います。そういう存在が人々に交じっているということに…

八木智哉投手の復活

今回は本とは違う話題にします。 10点差を追いつかれての逆転負けなど、暗い出来事の多かった中日ドラゴンズに、良いことがありました。 八木智哉投手が久しぶりに勝ち星を挙げました。しかも、カープ以外からということも話題になっています。7連敗をしてい…

『イリアス』の上巻を読み終えました

上下2巻に分かれた『イリアス』の上巻を読み終えました。 ここまでのところ、登場人物になじみのない名前が多いことから難しい面もありますが、数人の中心的な人物は識別できるようになってきました。 一進一退の攻防が繰り広げられていて、おもしろく読めて…

武勇伝

『イリアス』の最近読んだあたりには、ある高齢の戦士が自らの武勇伝を長めに話す場面があります。 自分のことを自分で話しているような表現をあえてする必要があるのだろうかと思いましたが、読み進めてみると、ただの自慢話ではなく、人を説得するための手…

休憩

『イリアス』の今日読んだ箇所には、ある登場人物たちが戦闘の場を離れて休憩する場面がありました。 葡萄酒におろした山羊のチーズや大麦の粉をふりかけたものを、玉葱や蜂蜜をつまみながら飲むようです。当時の食事の様子を垣間見させてくれて興味深いです…

大活躍と負傷

『イリアス』を読み進める中で、ある登場人物たちが戦場で大活躍をし、何人もの敵を倒す場面がありました。 その反面、ただ勝ち続けるだけではなく、最前線を離れる判断をするようになるほどの傷を負いもします。そのあたりが公平というか、一方的な強さを見…

身代金の申し出

『イリアス』の最近読んだあたりで、戦いの中で命を落とさないまでも勝ち目がなくなったときに、裕福な家の人が身代金を家から払うと言って命乞いをすることが複数回見られました。今のところいずれも受け入れられずに結局は命を奪われてしまいます。 当時、…

斥候の力の差

『イリアス』の今日読んだ箇所に、両軍が送った斥候が出会う場面がありました。そして、片方が捕らえられて自軍の状況を話させられます。 話の展開のためなのだろうと思いますが、この場面は両者の力の違いが大きすぎる気がします。片方があまりに斥候の役割…

一人よりも二人

『イリアス』の今日読んだ箇所では、敵軍の様子を夜中に探る偵察にだれを送るかが決められました。 登場人物の一人が名乗りをあげるとともに、もう一人と一緒に、二人で行きたいと言って認められます。良い組合せであることが必要ですが、一人ではなく二人で…

夜中の陣営

『イリアス』を読み進めてみると、前回の記事で触れた人物以外にも眠っていない人たちがいるようです。そして、その人たち同士で接触しながら、その時にできることをしています。 実際のところ、遠征してきながら戦況が不利になっている中で安心して眠れる人…

眠れぬ夜

前の記事で『イリアス』には強い人ばかり登場するというようなことを書きましたが、少し読み進めるとすぐにそれが覆されるような記述が出てきました。 登場人物の中でも中心的な人物が、ほかの人たちが眠っている中で眠れぬ夜を過ごします。不安のためにその…

強い人たち

『イリアス』で詳しく描かれる登場人物は、身体能力が高くて戦いに強かったり、家柄が良かったり、という人が多いように思います。そういう人たちのそばには、いわゆる普通の人たちが兵士としてたくさんいるのだろうと思いますが、そういう人たちに焦点が当…

年長者の影響

『イリアス』の今日読んだ箇所では、年長のある登場人物の発言が重大な影響を人に及ぼします。 それまでも、過去の実績に裏打ちされたことを言っている場面があるなど、存在感のある人物ですが、今回は特に大きな働きをしているように見えます。 年長者がそ…

一進一退

『イリアス』で描かれている戦争では、一進一退の攻防が繰り広げられています。 そして、その一進一退には、神々の働きが影響していることが記されています。人間のすることが結果を決めているようには見えません。軍隊については、個人個人の能力、装備、食…

引き分け

『イリアス』で再び行われた代表同士の一騎打ちは引き分けに終わりました。 結果は引き分けですが、そこまでの過程で一方が優勢になっていました。そこで引き分けにしては不公平だと思いました。続けると逆転しそうな力関係だということなのかもしれませんが…

再度の一騎打ち

『イリアス』で描かれている戦争は一進一退の攻防が繰り広げられ、再び代表同士の一騎打ちが行われそうです。 今回は呼びかけられた側ですぐには代表が決まりません。その中での数人の言動がおもしろいと思いました。

子への期待

『イリアス』のある登場人物は、戦争の最中に妻と幼い息子と会います。 この人物は国の中で優れた戦士として評価されていると思いますが、願い事の中で、息子が自分を超える者になることを願っています。 こういう思いは時間や空間を越えて多くの人に共通の…

シドン

『イリアス』の今日読んだ箇所に、シドンという聖書で見たことがある地名が出てきました。 シドンは現在のレバノンに位置していたフェニキア人の都市であるようです。この作品の舞台になっているトロイアは現在のトルコの西の方で、シドンとはかなり距離があ…

前の代の交遊

『イリアス』を読む中で、戦争をしている両軍の先頭に立って戦う登場人物たちが、自分が何者であるかを話し、前の代の人たち同士が知り合いであることが明らかになる場面がありました。 敵と味方に分かれてはいますが、その2人の間では戦うことをしないこと…

泣き言を言う神

前回の記事で扱った血を流す女神に続いて、『イリアス』に、泣き言を言う神の様子が描かれています。 正確には、助けを求めに行った神から泣き言をならべるのはやめぬか、と叱られています。この作品に登場する神々は、死ぬことがなく、医師から手当てを受け…

血を流す女神

『イリアス』の今日読んだ箇所では、女神が人間の攻撃によって傷を受けて血を流す場面がありました。 神々が出てきて人間同士の戦争に介入したりしなかったりというのが不思議でしたが、ついに人間の手にかかって傷を受けさえしました。血を流すといっても、…

大活躍

『イリアス』ではさまざまな人に話の焦点が移ります。 しばらく、ある登場人物の戦場での大活躍の様子が描かれます。この人物に倒される人たちは、その場面に登場するだけだと思いますが、その背景が一人ひとりについて記されています。 そういう効果が狙わ…

偉大な父親

『イリアス』の登場人物のうち、ある人たちは高名な父親を持っているようで、元々、誰々の子という言い方をするようですが、この人たちは父親がどれほど偉大であったかということを聞かされます。 それに対しては、父親との関係がどういうものか、その人自身…

激励

『イリアス』の今日読んだ箇所では、戦争に臨む軍隊の中で、上位の人物が陣営を回って兵たちと兵たちを率いる人たちを激励しています。 特に、兵たちを率いる人たちとの話が記されていますが、相手に合わせて話す内容が異なり、それぞれの特徴が示されます。…

登場人物への呼びかけ

『イリアス』には、以前の記事で取り上げた、語りながら自分の思いを述べるような記述とは異なり、語り手が登場人物に呼びかけている記述もあります。 注によると、その対象は特定の登場人物に限られるようです。そして、その理由は不明だそうです。 口承文…

救出

『イリアス』で決闘の場面を読みました。 もともと強そうに描かれていた人物が勝ちますが、とどめを刺す前に相手は女神によって救い出されます。 こういう介入があると戦争が成り立たないと思いますが、神話の世界はそういうものなのでしょうか。

一騎打ち

『イリアス』の今日読んだ箇所では、対立する二つの軍からそれぞれ代表が前に出てきて一騎打ちが行われそうになっています。 これは、現代の戦争ではないような、昔らしい戦争の一場面であると思います。こういう戦い方が行なわれている時代と場所は、そこか…

アルカディア

『イリアス』に地名としてアルカディアという名が出てきました。 アルカディア市ヶ谷という建物があり、桃源郷を意味すると聞いたことがあった気がしますが、ギリシャの地名だとは知りませんでした。しかも、今でもある地名であるようです。

語り手の思い

『イリアス』の今日読んだ箇所に、この作品の語り手の思いが記されているところがありました。 読み進めながら、語り手は舞台の後ろにいて姿を現さないことを想定していたと思いますが、そうではありませんでした。相当に時代を遡る作品にそういう表現がある…

上田利治さん

今回は本とは別の話題にします。 阪急ブレーブスなどで監督を務められた上田利治さんが亡くなったという報道がありました。 このブログの主は四十代の半ばで、物心ついてプロ野球のことがわかってきた頃に最強だったのが当時の阪急ブレーブスでした。テレビ…

古代ギリシャ語

いま読んでいる岩波文庫の『イリアス』は、詳しい注がつけられていて、中には本文で使われている訳とそれ以外の説とが紹介されている言葉があります。 原文で使われているのは古代ギリシャ語だと思いますが、現代とはかなりの時間の隔たりがある言葉であるこ…