3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

『マリー・アントワネット』を読み終えました

『マリー・アントワネット』を読み終えました。 晩年は、マリー・アントワネットの人生は下り坂を下り続けたような印象です。それとともに、矜持をもって行動するようになったというのでしょうか、振る舞いに一般人には多くは見られないようなものが現れてき…

茶番の裁判、そして最後の手紙

『マリー・アントワネット』を読み進め、結末に近づいてきました。 マリー・アントワネットを被告とする裁判の様子が描かれていますが、まさに茶番です。結果が決まっていて、聖書に記されているイエス・キリストの裁判と似ていると思います。 判決を受けた…

変化

『マリー・アントワネット』には、王妃であった日々から状況が次第に厳しくなっていく中でマリー・アントワネットが変わっていく様子が描かれています。 裁判にかけられ、事実でないことに関して訴えられます。そのような中で、革命裁判所での公判において毅…

中途半端

『マリー・アントワネット』には、権力を失ったマリー・アントワネットを助け出そうとする人たちが登場します。 そのうちの一人についての記述を今日読みました。この人は良かれと思って助けようとしますが、その行動に中途半端なところがあり、狙いが発覚し…

買収

『マリー・アントワネット』には、人々が買収されている様子が何度か記されています。 マリー・アントワネットを救い出そうという働きの中で行われていることから、買収されるのは革命によって新たに権力を持つようになった側です。立派な理念を掲げながら、…

抜け殻

『マリー・アントワネット』に描かれているマリー・アントワネットは、夫と死別し、息子との関係を絶たれてしまいました。 わずかばかりの女性の近親者たちだけとの生活を三十代後半で強いられることになります。食べていくことについての心配はないにしても…

理想と現実

『マリー・アントワネット』を読み進める中で、人間の美しいところと醜いところがマリー・アントワネットとの関係でよく表れているように思います。 昨日の記事で記したように本物の忠実さを示す人がいるかと思えば、人生の途中で手にした力をひどいしかたで…

忠実な人たち

『マリー・アントワネット』の今日読んだ箇所に、この作品の中では初めて出てきたと思うのですが、マリー・アントワネットに近づくことは自らの益にはならないであろうにもかかわらず敢えて近づいていく人物が登場しました。こういう人が本物の味方であると…

ルイ16世の処刑

『マリー・アントワネット』の今日読んだ箇所で、ルイ16世が処刑されました。 住んでいた宮殿が襲撃され、幽閉の身になり、王権が剥奪され、最後には処刑されるところまで、あれよあれよという間に進んでいってしまいました。 生かしておくと共和制を覆す恐…

ナポレオン

『マリー・アントワネット』に描かれているチュイルリー宮襲撃の場面を読みました。 ルイ16世とマリー・アントワネットの対照的な態度が印象的ですが、ナポレオンがこの事件の場にいたとされていることにも関心をひかれます。ただいただけではなく、そこでの…

「国民」や「国家主義」という概念

『マリー・アントワネット』の背景となっているフランス革命の時期の周辺国との関係では、国や国民というくくりよりも、共和制か君主制かが関心事であったようです。 「国民」や「国家主義」という概念はそれまでにはなく、フランス革命によってできた、とい…

骨肉の争い

『マリー・アントワネット』の記述は、フランスの国内のことだけでなく周辺国き関する内容も増えてきました。周りの君主制国家の君主たちにとってはフランス革命の行方は気がかりであるはずです。 それとともに、国外に亡命したルイ16世の弟たちについての記…

憲法の制定

『マリー・アントワネット』を読み進めて、憲法をルイ16世が承認することになるところまで来ました。 承認せざるを得ないために承認したのでしょうが、この時期には珍しく、国王万歳、王妃万歳、と言ってもらえたようです。しかしながら、もはやそれが続くこ…

欺き合い

『マリー・アントワネット』を少し読み進めてみたら、昨日の記事で書いたように相互に理解し合ったと思った王室側と国民議会側の人たちはそれほど良く理解し合っていたわけではないことがわかりました。 相手が想像していたような極悪人ではないとは思ったか…

相互理解

『マリー・アントワネット』の今日読んだ箇所に、意外な場面がありました。 ルイ16世たち王室の関係者と国民議会の議員たちが狭いところに一緒にいる中で話し合い、互いのことを想像していたような悪い存在ではないと思うようになっています。中には、女性か…

庶民の家

『マリー・アントワネット』に描かれたパリからの脱出は頓挫し、ルイ16世とマリー・アントワネットは庶民の家に滞在することを余儀なくされます。 マリー・アントワネットにとって庶民の家に足を踏み入れたのは初めてのことだったようです。王室の人たちにと…

機転

『マリー・アントワネット』の、ルイ16世たちによるパリからの脱出の場面を読み進めました。 ツッコミどころというか、考えが足りていない点が散見される逃避行ですが、ある人物の機転を利かせた行動がなければ妨げられずに成功していたかもしれません。 待…

脱出の計画

『マリー・アントワネット』の記述は、ルイ16世とマリー・アントワネットとその家族がパリからの脱出を図る場面になって緊迫してきます。 その計画を実行する日の様子が巧みに描かれていて、読んでいてスリルがあります。脱出しようという意図とはあまりにも…

革命勢力からの内通者

『マリー・アントワネット』の中で、革命を起こす側にいながら王室とも通じていた人物が紹介されていました。 革命が利権のようになってしまうと、それに関係する地位を利用して私腹を肥やす者が出てくる、ということであると思います。 たいへん活力のある…

衆議院議員選挙

今回は本とは別の話題にします。 衆議院議員の選挙の投票に行きました。小選挙区では投票した候補が当選して良かったです。比例区は今の予想では投票先が苦戦しているようで残念です。 毎度のことながら、選挙権という人類の歴史上当たり前でない権利を行使…

クカルスキーによる肖像画

『マリー・アントワネット』の中で、クカルスキーという画家によるマリー・アントワネットの肖像画が紹介されています。 権力を失った後に描かれたもので、権力を誇示しようとしていない姿が示されているようです。インターネットで検索すると、画像を見るこ…

本当の教師

『マリー・アントワネット』には、権力が奪われていく中でマリー・アントワネットが変わっていく様子が描かれています。 「不幸の中にあって初めて、自分の何者たるかが分ります」という手紙に書いた言葉が紹介されるとともに、マリー・アントワネットの最初…

抑圧された思いの爆発

『マリー・アントワネット』の今日読んだ箇所では、革命勢力によって王室の関係者がヴェルサイユからパリへの移動を余儀なくされます。命の危険からは辛くも逃れたといったような状態です。 民衆の側は残虐だととらえられるような行いをしています。押さえつ…

証拠集め

『マリー・アントワネット』の今日読んだ箇所では、マリー・アントワネットとその朋友として登場した男性との関係に関する文献が紹介されていました。 それらの文献に基づいて筆者が事実と信じることがどのようなことであるかが記されています。ほかの箇所に…

朋友

文庫で2冊に分かれた『マリー・アントワネット』の上巻を読み終えました。 革命についての動きが進む中でマリー・アントワネットからは人が離れていきます。一人だけ、そういう状態だからこそそばにいようとしてくれる男性がいたことが紹介されました。 おも…

バスティーユ監獄襲撃

『マリー・アントワネット』の記述が1789年7月14日のバスティーユ監獄襲撃まで進みました。 この襲撃そのものについては細かく触れられてはいませんが、その知らせを受けたときのルイ16世の様子が描かれています。それによると、大きなことが起こったとは受…

ネッケル、三部会

『マリー・アントワネット』の記述に、ネッケルという人物や三部会といった、かつてフランス革命に関する本を読んだときに出てきたように記憶している存在が登場してきました。 それを考えると、このあたりまでがフランス革命の関連で現在まで一度も知識を得…

ある判決がもたらしたもの

『マリー・アントワネット』の今日読んだ箇所で、頸飾り事件の判決が出ました。 この判決が当時のフランスの王権に対してどのような影響を及ぼしたかが記されていて、革命へとつながっていく物事の流れの中で重要な位置を占めることを知りました。マリー・ア…

利用される理由

『マリー・アントワネット』で頸飾り事件について読む前からそう呼ばれる事件があったことを知ってはいたものの何が起きたのかは知りませんでした。 マリー・アントワネットは直接この事件に関わってはいません。しかしながら、筆者は、マリー・アントワネッ…

頸飾り事件

『マリー・アントワネット』に描かれている、頸飾り事件に至る過程は驚くような内容です。 王妃の替え玉を使ったり、王妃の署名入りの偽の文書を作ったり、思い切った手によって詐欺師たちがある人物を思うように動かします。 行くところまで行って明るみに…