世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

はじまり

 世界文学全集を読みたいと思い立ち、読むのを始めるのに合わせてブログも始めようと思い、着手しました。

 読書の状況のほか、日々の経験や考えたことも書いていきたいと思います。

 もともと本を読むのは好きで、日本語か英語のものを読んでいましたが、テーマをもってそれに沿ったものを読むのではなく、その時その時で関心のある本を読んできました。きっかけがあって、世界文学全集を読むことを考えました。

 出版社によって収録している作品が違いますし、入手のしやすさの問題もあります。まずは、よく収録されていそうなものから読んでみようと思います。全集として発行されたものは大きくて重いので、ほかの形態で読めるものはそうしていくことを考えています。座って読めるとは限らず、電車の中で立って読むことがあるので、その方が好都合です。

 図書館で借りたトルストイの『幼年時代』から始めます。