世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

幼い時の純粋さ

 『幼年時代』の今日読んだところに、ポイントであると思われる記述がありました。

 幼かった時の純粋さを懐かしみ、それをどうして失ってしまったのだろうと問うところがありました。

 確かに、自分も幼い頃は今と比べると純粋だった気がします。その反面、飾らないだけに欲望があからさまだったようにも思います。いずれにしても、純粋さは良いものですので、取り戻すか新たに身に着けるのが望ましいと考えます。