世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

トルストイ『少年時代』

 『幼年時代』に続いてトルストイの『少年時代』を図書館で借りて読み始めました。

 自分では意識していなかった裕福さや身分の違いを親しい人から聞いてそれに気づいたことを、幼年時代から少年時代へと移ったきっかけのように描写している箇所がありました。それだけ大きな衝撃を受けたのだと思います。

 自分にとって、そのように幼年時代と少年時代とを隔てるような出来事があったかを考えてみましたが、すぐには思いつきません。