世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

相反する思い

 トルストイが若い頃の自分として描いている主人公は、今日読んだ箇所でも、引き続き善行に取り組んでいます。

 いわゆる懺悔をした後で、そのときに話さなかったことを思い出し、手間をかけてまで改めて懺悔をし直したことは、自分の人生を清くすることに関する熱心さを示しているように思います。ところが、さまざまな行いに、それとは正反対の態度が現れてもいるようです。

 その矛盾のようなものは、真剣であればあるほど人を苦しめそうですが、主人公はどうなっていくでしょうか。