世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

『リンカーン』を見ました

 内戦が背景になっている『誰がために鐘は鳴る』を読んでいるからというわけではないのですが、映画『リンカーン』を借りてきて、昨日は映画そのものを見て、今日は特典映像を見ました。

 奴隷解放宣言もゲティスバーグでの演説も既に過ぎ去った時期が舞台で、奴隷制を禁止するアメリカ合衆国憲法修正第13条の成立のためのリンカーン大統領の言動が中心に描かれています。

 とても考えさせられる内容でした。特に、奴隷制を廃止するという大きな目標の実現のために、それよりも小さいことについては際どい手を使っていたことが記憶に残っています。細かいことであってもおろそかにせず正しい行いをすることも大事ですが、それにとらわれて多くの人に影響がある重要なことの実現を逃しては良くありません。かといって、手段を選ばずにどんな悪事でもするというのも間違っているでしょう。リンカーンがその点についてちょうど良いところを選んで断固として目標を達成したことが、その後の人類の歴史を変えました。正に優れた政治家だったのだと思います。

 聖人として良い面ばかりを描くのではなく、弱さも欠点もある人間としてリンカーンが描かれていたのも良かったです。そうであっても、リンカーンに対する尊敬をもって製作されていたと思います。

 改めて見たい良い作品でした。