世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

富の蓄積

 『大地』の始めのあたりでは、主人公とその妻の勤勉に働く姿が印象的です。ほかの人よりも余分に働いて、節約できるところでは節約して、現金を得るために作物を焦って売ることをしない、ということの積み重ねによって、売りに出ているほかの人の農地を買うことができるようになっていきます。

 親戚や近所の中では比較的に豊かになると、貧しいときにはないような煩わしいことが起きる、といった様子も描かれています。お金をせびりに来る人が出てきて、豊かになったからこそ壊れる関係もあることが示されているように思いました。

 そのように富んだとしても、自然の厳しさは貧しい人と同じく富んだ人にも襲いかかります。しばらくの間、主人公の人生が順調に進んでいる様子が描かれていますが、その後は大干魃による食糧不足で主人公も家族もかなり弱まってしまっています。

 これからどうなっていくでしょうか。