世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

締まりのない二代目

 『大地』の二世代目の1人は、父親からの遺産でぜいたくな暮らしをして、かなり肥満体になっているように描かれています。

 学問の経験があるにもかかわらず、それはあまり役に立っていなさそうです。

 その妻は育ちが良さそうで、世間についての知識も豊富で、この息子は妻に対して弱い態度で接するようになっています。

 この息子のぜいたくな暮らしぶりはその子どもたちに受け継がれ、生まれたときから豊かに育った子どもたちは我慢することを知らなさそうです。

 家族でそういう生活をしていることから、財産はどんどん減っていっているように思われます。経済的な破滅に向かって進んでいるように見えますが、どうなっていくでしょうか。