世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

題名の由来である人物

 『谷間のゆり』の、最近読んでいたほかの小説と違うと感じる点の一つは、段落が長いということです。それで読みづらくなっている面もありますが、一人称のです・ます調による話しかけてくるような記述によって印象が軽めになって読みづらさが抑えられているように思います。

 題名の由来である人物が話に登場してきました。実際にはもっと早い段階で出てきてはいるのですが、2度目に登場するあたりで『谷間のゆり』になぞらえられています。

 これからどう話が進んでいくでしょうか。