世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

2人の女性たち

 『谷間のゆり』の主人公はいずれも既婚の2人の女性の間で板挟みになります。

 片方の人が家庭をよく守り主人公に対しては精神面のつながりだけを持とうとするのに対して、もう片方の人は主人公との関係に快楽を求めてその関係を支配しようとします。この2人同士の相手に対する接し方も対照的です。

 この人たちの話す内容や主人公による描写が重苦しいというか濃厚で、意味を読み取るのを難しく感じています。理解できれば深みがある表現なのかな、と思います。