世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

放蕩息子のたとえについての解釈

 『マルテの手記』の今日読んだ箇所には、聖書に出てくる放蕩息子のたとえについての解釈が記されていました。

 想像によってかなり大きく話が広がっていると思います。その解釈を読んでピンとくるものはありませんが、話の展開のさせ方に作家としての想像力の豊かさを感じます。

 こういう話は、ほかにいくつも作った上で、その中から選ぶものなのでしょうか。