世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

前の方の記述とのつながり

 『八月の光』を読み進めてきて、かなり前の方にあったある人の不可解な言動の背景がわかりました。背景はわかりましたが、その意味というか理由には共感できません。

 その言動も原因の一つになっている事件に、ある登場人物が介入しようとしています。心の優しさから出ていることのように感じますが、協力を依頼された人にとっては厄介な話です。

 それに続いて、新しい命の誕生が描かれます。暗い環境に生まれてきたその子に明るい先行きは与えられるのでしょうか。