世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

アトランタ

 『風と共に去りぬ』の第1部から第2部に進み、アトランタに舞台が移りました。

 アトランタ南北戦争の頃に急速に発展したということを初めて知りました。4つの方向から鉄道が乗り入れるハブのようになっていたり、軍需工場ができたり、ということが発展につながったようです。もともとジョージアの中心都市だったと思っていましたので、そう思っていることから来る記述を1週間ほど前にこのブログでしましたが、無知が露呈しました。

 活気のある町が主人公に元気を与えてくれています。