世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

春分の日

 今日は春分の日でした。  以前は意味について何も思わずにただ休んでいたと思いますが、最近は昼と夜の長さが逆転するということで心に励みを感じて過ごすようになっている気がします(実際には昼と夜の長さは同じではなく、光の屈折などの関係で昼の方が長いようです。)。年を重ねるとともに寒さを厭うようになり、暖かくなることを望む思いが強くなっているからだと思います。それならば、冬至こそがそこからどんどん日が長くなる日ということでうれしいのではないかとも考えますが、日は長くなっていっても、寒さが続くというかより厳しくなっていくように思うことからそうは感じないのでしょう。