世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

Gone with the wind

 『風と共に去りぬ』の原題は"Gone with the wind"です。全編を通して1回だけこの表現が出てくる箇所を読みました。 

 新潮文庫についている注によって、この表現がイギリスのアーネスト・ダウスンという詩人の『シナラ』という詩からの引用であることを知りました。 
 風と共に去ってしまったのは、主人公のスカーレットにとっての昔の生活ではないかと考えます。それは、南北戦争という嵐のようなできごとによって吹き飛ばされてしまったといえるように思います。