世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

一難去ってまた一難

 『風と共に去りぬ』の主人公は、一度、自分は最悪の状況にいると感じて人にもそのように言っていました。そこから脱したものの、それよりもさらに厳しいところに追い込まれました。
 そのような中でも、できることを日々しています。そして、関係が近くはなかったと思われる息子を守るために人に立ち向かう場面もあります。
 難しい状態の中で強くなっていっているようです。当時の女性として、強くなることを自らには期待していなかったでしょうが、必要に迫られてその方向に進んでいます。
 そして、困難の中で、ほかの関係にも変化が表れてきているようです。それについては別の機会にまとめたいと思います。