世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

失敗しそうな策

 『風と共に去りぬ』の主人公は、難しい状況を打開するために策を打とうとします。しかしながら、身近な人に相談することなくそのための準備をしようとして怪しまれます。
 その策はうまくいかなさそうに描かれていて、読者は、このブログの主を含めて、うまくいかないと思いながら読むことになると思われます。あえてそういう記述をする作者の狙いは何でしょうか。