3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

作戦失敗

 『風と共に去りぬ』の主人公は、予想どおり作戦に失敗します。
 失敗は既定の路線だったと思いますが、相手の状況をはじめとしたそこに至る過程や、失敗した後に主人公が置かれた立場は、急展開であるように感じます。それも全体の中に組み込まれた一部にすぎないのですから、良く構想が練られた作品だと思います。