世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

主人公の味方

 今日読んだ中では、『風と共に去りぬ』の主人公と義理の姉妹の関係にある女性の言動が印象に残りました。
 だれに対しても良いところを見る性格が紹介されていましたが、主人公に対しては南北戦争の最中とその後の難しい状況で自分と家族とを助けてくれた人として特別な思いがあるということだと思います。心も身体も強くありませんが、主人公についての悪口を聞いて強く憤り、共同体の中の有力な女性たちを説き伏せます。 
 人は人との関係を通して変わっていくのだと思ます。