世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

女の子の誕生への反応

 『風と共に去りぬ』を読み進める中で、ある登場人物に女の子が生まれましたが、それについての反応が意外でした。
 子どもが好きだと言っていましたが、自分の子どもができることに関心があるようではありませんでした。結婚と子どもができることとは必ずしも一致しないとはいえ、そもそも結婚することを望んでいなさそうでした。
 さらに、男の子を望んでいたとまわりの人たちから思われながらも、生まれたのが女の子であることを心から喜んでいる様子です。
 子どもが生まれたことについてのこの人物の反応は意外でしたが、話がそういった、家庭的な方向に進んだことも意外でした。