世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

子どもに与える環境

 昨日に続いて、『風と共に去りぬ』は、新しく生まれた女の子の育て方というか、どういう環境を与えるかについての親の考え方によって意外な方向に話が進んでいる気がします。
 それまでは人からの評判など何とも思っていないようだった人物が、娘が社交界に出ていくことを気にして周囲の人との交流を見直しそうです。家柄のようなことについても冷ややかに見ているかと思いきや、そういうことも重視しているようです。
 もともと心にあったことが、娘の誕生というきっかけによって表に出てきたのでしょうか。それとも、なかったものが新たにあるようになったのでしょうか。
 いずれにしても、夫婦間の不一致にもつながりそうで、重要な問題です。