世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

自分自身であること

 『風と共に去りぬ』の今日読んだ箇所で、ある登場人物が、自分自身でありたい、というようなことを言っています。
 戦争の大義に同意していないとともに負けるとわかっていながら兵士として戦ったように、思いと行動が食い違ってしまったことを悔いているのではないかと思います。自分と同じことを知っていて、それを知ってした行動がまったく異なる人を自分と対比して話しています。
 自分自身である、ということができなくなる理由として、戦争はとても大きなものの一つであると考えます。ですけれども、いつの時代にも、自分自身であることを妨げるものはあります。それに影響されずにいたいと思います。