世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

『風と共に去りぬ』を読み終えました

 『風と共に去りぬ』を読み終えました。 
 有名な作品ですが、どういう話であるかを知らずに読んでいたので、結末は意外だと思いました。 
 主人公には当然ながら欠点があるものの、最後の場面でも示された前向きな考え方は、このブログの主を含めて多くの読者に力を与えていると思います。
 主人公は困難に立ち向かって道を切り開きながら失うものも多くありましたが、経験を活かしてさらに新たな人生を開拓していきそうです。最後の「明日はまた明日の陽が照るのだ」という言葉がそれを示していると思います。
 次はブロンテの『ジェーン・エア』を読む予定です。