世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

信頼

 『ジェーン・エア』の主人公が入った学校の関係者には、生徒たちを信頼することについて対照的な姿勢の人たちがいます。
 ある人は生徒を初めから信頼せず、ほかの人が生徒について言うことを確認もせずに受け入れます。ある人は生徒を信頼し、言い分を聞いて必要ならばほかの人に確認します。
 教育者ならば教え子を、会社などの管理者ならば部下を、実際に信頼してその信頼を示すことは重要だと思いますが、かなり極端な例が示されています。