世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

挑戦

 『ジェーン・エア』を読み進めていたら、あるところでは年月が一気に過ぎていきます。それに続いて、主人公の新たな挑戦が描かれています。
 冒頭での、寄る辺ない、親戚から虐げられていた頃の様子からは、このような展開になるとは思いませんでした。主人公は、教えてもらうことなしに、人生の次の段階へと進む方法を考え出したように思われます。受けた教育によって、知識を得ただけではなく、問題を解決する考え方を身につけたのではないかと思います。
 新たな挑戦がどのような結果になるかはまだわかりませんが、自分が何をしたいか、そして自分に何ができるかが明確であることが、主人公にとって道を開いたのではないかと考えます。