世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

患者たち

 『魔の山』はサナトリウムが舞台で、登場する人の多くは病気のためにそこにいる人たちです。
 全くほかの人と話をしようとしない人もいれば、とてもよくしゃべる人もいます。饒舌な人の口を通して、そこにいる人たちやそこで起きていることが紹介されます。
 主人公は病気にかかっているのではなく、転地して体調を整えるために来ているということですから、まわりの人たちよりも健康です。身体的には良い環境なのでしょうが、病気を抱えたさまざまな精神状態の人たちの中にいることは、精神的にはどういう影響があるのでしょうか。