世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

病は気から?

 『魔の山』の主人公は、貧血気味であるとはいえ病気ではないという状態でゆっくりするためにサナトリウムに滞在することになったのだと思いますが、滞在する中で体調が良くなくなっているように思われます。
 横臥療法といって横になる時間を取っていますし、食事は良いものが出ている様子です。それにもかかわらず体調が下り坂であるのは、環境からの精神的な影響によるものでしょうか。一緒にいる人の中には長い療養生活をしながらも回復の見込みが薄そうな、心が沈んでしまいそうな人もいそうです。そういう人たちのそばで過ごしていることが、自然環境に恵まれているとしても、心に影響を与え、それが身体の不調につながっているのかもしれません。