読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

重病の人たち

 『魔の山』の主人公は、重い症状の患者たちに花を贈ることを始めました。そうすると、花だけでは終わらずにその患者たちを訪ねて話をすることにもなりました。
 会う人ごとに違う事情があり、それぞれの苦しみや痛みがあることが描かれています。主人公は、ともに施設にいる人たちの無関心に反発する気持ちもあってこういう活動を始めたようですが、ほかの人たちとしては、ひとりひとりの苦しみを受け止めて自分が苦しくなることを避けているのかもしれません。
 主人公は何を感じ取ってどういう影響を受けていくでしょうか。