世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

議論好きの人たち

 『魔の山』の今日読んだ箇所では、主人公と同じサナトリウムに滞在していて、そこを出て近所で暮らしている人物とその同居している人物とが議論をしています。この人たちの議論はその少し前にも出てきます。
 一人が一気に長く話すので、議論の中で、かなり長いセリフがところどころに出てきます。当時の人々の議論の代表的なものが再現されているのでしょうか。こういう議論の場面からも著者の優れた力量を感じます。