世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

「傾聴に値いする」

 『魔の山』の主人公は平凡な人として描かれていますが、そのまわりには人がよくいます。
 今日読んだ箇所で、その理由としてこの人物がどのような話も「傾聴に値いする」(送りがなの「い」は原文のままです。)と考えることが挙げられています。
 確かに、話を高く評価して聴いてくれる人には人は近づいてくると思います。主人公が話のはじめの頃とは違ってきているのにはそのようなところが影響しているようです。