読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

超自然の現象

 『魔の山』の主人公が滞在しているサナトリウムで、超自然の現象が流行しました。
 ある女性がそういう現象について強い感覚を持っているのいうことで、患者たちが「こっくりさん」と訳されている遊びをしたり、このサナトリウムで働いている医師が中心になってその女性に霊媒の役割をさせようとしたりしています。
 主人公は、そういうことに関わったり、距離を置きながらもまた近づいたりします。
 この箇所には「ひどくうさんなこと」という見出しがついていることから、肯定的な扱いではないのだと思いますが、不思議な記述です。