読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

 『白痴』の今日読んだ箇所では、主人公と一緒にいる人物が、本人に聞こえるような言い方で主人公のことを「白痴(ばか)」と言う場面があります。そのような失礼な行いに対して主人公は容認できないことを示します。
 そのように言った人物の状況が明かされてきていますが、自らトラブルを招いているようで、立派な行いをしているとは思えません。主人公は、平気で人を「白痴(ばか)」と言いながら自分の人生のことをうまく進められない、そのような愚かさを映し出す鏡なのかもしれません。