3年目の世界文学全集への挑戦

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

遺産の相続

 『白痴』のある登場人物は、予期していなかったところから相当な遺産を相続することになりました。そのことは、この人物の生活に多大な変化をもたらします。
 最近読んだほかの作品でも予期せぬ相続がありました。話の進み方に大きな影響を与えるできごとですが、安直な感じもします。