読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

二重の考え

 人間は完全に善良ではありえない反面、多くの人には邪悪な面だけではなく善良な面もあると思います。
 『白痴』の今日読んだ箇所で、「二重の考え」という表現が出てきました。善と悪とが心の中で同居する様子を表現していると考えます。ある登場人物が、自らの悪事を悔いる思いを持つとともに、その善い思いを邪なことに利用しようとする思いがあることを主人公に伝えます。主人公は、人間にはそのようなところがあることを認めてその人を受け入れます。
 この主人公には人が悪い思いがあることを隠せなくするようなものがあるのかもしれません。