読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

衝突

 『白痴』の今日読んだ箇所では、しばらく主人公が出てこない場面が続き、その後で主人公が登場します。
 主人公がいない場面では、衝突がさまざまな登場人物の間で起きます。この場面は特にそうだったのですが、この作品は人々の衝突が多いと思います。登場人物は少なくはありませんが、信頼し合っている組合せはかなり少ないように感じます。その中で主人公は、これまでのところでは、人に対して敵意を抱いていなさそうなところによって特異な存在となっています。