読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

誘惑

 『白痴』の主人公は、子どものような純粋さを失わずにいると思います。たとえば、あまり深く考えずに、考えると気にして言えなくなってしまうようなことを言うことがあります。
 今日読んだ箇所では、身近な人から、ほかの人からまたほかの人に向けて書かれた手紙の封を開けて読むようにそそのかされます。それでも、主人公は誘惑に負けませんでした。
 誘惑を退けたことは立派ですが、誘惑になるようなことをしてくる人から遠ざかっていられればなお良いと思います。