世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

小説を書く理由

 『南回帰線』は自伝的な作品だそうです。
 どの程度が実際に起きたことであるのかはわかりませんが、今日読んだ箇所では、苦労した末に見つけた仕事をする中で小説を書き始める過程が描かれていました。最初は作品が認められなかったようです。誰も信じてくれないがために書く、世間に信じさせたいがために書く、ということかもしれないというようなことが記されています。
 小説を書くことに対する、心からの強い思いが表現されていると思います。