世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

『白痴』のある登場人物

 『南回帰線』の今日読んだ箇所に、先日まで読んでいた『白痴』のある登場人物についての言及がありました。
 それは『白痴』の主人公ではなく脇役で、アルコール依存症でおかしなことを言う人物です。『南回帰線』では、主人公が友人と話をしている中でその人物のことを話していますが、細かく説明があるわけではありません。ただし、ドストエフスキーの作品の中の人物であることは示されています。自分が読んだばかりの作品の登場人物の名をまたすぐに目にしたのは意外でしたが、その人物への言及の意味は読み取れませんでした。