読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

モーパッサン『女の一生』

 モーパッサンの『女の一生』を読み始めました。
 新潮文庫に収録されている新庄嘉章氏の訳によるものを読んでいます。
 はじめのあたりは大きな事件らしいものはなく、主人公が家族と一緒にノルマンディ地方に移動して過ごし始めた様子が描かれています。貴族の家庭であることから、美しい田園地帯での生活には余裕が感じられます。
 題名が一生となっていながらも、冒頭ですでに主人公の年齢は十代になっていそうです。これからどういうペースで時間が過ぎていくでしょうか。