世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

恋の相手

 『女の一生』を読み始めてまだ間もないのですが、早速、主人公の恋の相手らしき男性が登場しました。
 この人物は、機知に富む話をしたり、移動しづらいところでは主人公を抱きかかえて移動したり、魅力的な姿を見せています。2人は両想いである様子です。
 これまで読んだあたりまでは、主人公にとって好都合に話が進んでおり、読んでいてそれが続いてもらいたいと思いながらも、ずっとそういう話では深みがないとも思います。