読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

現実

 『女の一生』の主人公は婚約した男性と結婚しす。ここから主人公は現実にぶつかります。それまでのようなただ喜んだり夢を見たりしていればいいというようなときとは違って、生活についてのプレッシャーがかかってきます。
 結婚すれば通常ある夫との関係に対して準備ができていなかったことは夫婦関係に影響を与えていそうです。その準備ができるように促すのは親の責任であったと思いますが、その責任を果たしてもらえていませんでした。この作品が書かれた当時にはそのような問題が多くの人にとって実際にあったのかもしれません。