読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ピークを過ぎたという感覚

 『女の一生』の主人公とその夫は新婚旅行から家に戻り、日常の生活が始まります。
 将来もっと生活が良くなるという希望を持つことができず、主人公は悲しみに沈みます。それは思い込みではなく、一例を挙げるならば、主人公と夫との関係は相互に思いを知って一致を目指すようなものとはなっていません。子どもが生まれればまた違ってくるかもしれませんが、夫婦関係がピークを過ぎたということを感じると希望を持てなくなって当然だと思います。