世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

苦痛

 『女の一生』の主人公は人生のピークを過ぎたどころか、大きな苦痛に見舞われます。
 生活の現実のために苦しんでいるのではなく、普通によくある以上の痛みを経験しているように思います。そして、味方をしてくれるはずの人たちの力にならないさまがさらに望みを持てなくしていると考えます。
 対等の立場で助け合える友か、上から引き上げてくれるような人がいれば、対処しやすくなりそうですが、生まれ育った地を離れている主人公にはそのような存在がいません。
 冒頭からしばらくの間の話とは打って変わって主人公の生活はたいへんになっていますが、うまく乗り越えていけるでしょうか。