読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

現実との接触

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、主人公の子ども時代の記述が続いていますが、家庭の外との関わりが増えてきています。
 家庭の外で、それまでには触れてこなかったような現実に触れざるを得なくなります。生まれた家庭の状況が順調でないために、外での現実との接触は主人公に大きな痛みを与えます。読んでいて苦しかったり悲しかったりしますが、庶民にとっては避けて通れない痛みを主人公が経験したということにすぎないのだろうと思います。