世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

身分

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、主人公が身分の問題で苦しめられます。気の毒な展開です。
 人と人の間に身分の違いがあること自体が良いことだと思いませんが、高い身分にあるならば責任も負い、低い身分の人よりも高いところから物事を見るべきだと考えます。