読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

善良な人たちの煩わしさ

 『ジャン・クリストフ』の主人公は、亡くなった祖父の友人の家に部屋を借りて住むように母親と一緒に移っていきます。
 部屋を貸してくれている家の人たちについてゆっくりと紹介されています。善良な人たちのようですが、それぞれ欠点もあり、主人公と母親にとって煩わしい面があるようです。
 善良な人を善良な人ですませずに人間として持っている煩わしさ描いてうるところが、現実への近さを感じさせます。