世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

謹厳で寛容でない人たち

 『ジャン・クリストフ』の主人公は、人から道徳的に良くないとされる関係に深く入っていきます。
 ある人たちは、そのような主人公を批判します。この人たちは、自らは真面目に生活し、人にもそのようにすることを期待します。期待するだけでなく、押しつけます。主人公はその人たちに反発し、亀裂は修復できないほどになります。
 悪いことをするのをただ受け入れるのは良くないことだと思います。しかしながら、ただ道徳的に正しい行いを押しつけることは、関係を壊します。寛容さをもって、人との関係を互いに受け入れ合えるものにしたいと思います。