世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

ほとばしる創造力

 『ジャン・クリストフ』を読み進めて4分冊の2巻目を読み始めました。
 第1巻の終わりに主人公はそれまでの良くない状態から立ち直るきっかけを得ました。その記述についてはこのブログの主にも感じるものがありました。そして、第2巻の冒頭で主人公の状態は大きく変わっています。充実し、創造力がほとばしっています。このブログの主も同じような影響を受けはしたものの、主人公のような天才とは反応がまるで異なります。